HOME | よくあるご質問

土地・建物

三城土地建物 よくあるご質問


購入時かかる費用はどんなものがありますか?

 
A.購入価格と諸費用が必要です。
諸費用とは、契約印紙・登記費用・固定資産税等精算金のことです。
住宅ローンを利用する場合は、銀行保証料・融資手数料が必要になります。
別途、火災保険に入る必要がありますので、その保険料も必要になります。
不動産業者の仲介物件を購入する場合は、購入価格×3%+6万円(別途消費税)も必要になります。

後にかかる費用はありますか?

A.購入後は、不動産取得税が課せられます。(減免申請が出来る場合があります。)
そして、購入の翌年からは、毎年4~5月頃に固定資産税・都市計画税の納付書が送られてきます。
また、周辺自治会の自治会費・町内会費や、マンションの場合には毎月の管理費・修繕積立金も必要となります。

資金(現金預貯金)が少ないのですが、必要な費用を全部借りられますか?

A.お客様によっては諸経費やリフォーム代金も含めて
全額借入できるケースもあります。
資金計画を作成しますので、お気軽にスタッフまでご相談ください。


契約手付金は、どの程度必要ですか?

 
A.通常、売買金額の10%程度を契約金にすることが多いです。
ただ、最近では、必要な費用の全額住宅ローンをお借入れする方が増えているため、
10%にとらわれずに売主様の同意のもと、少額の手付金でもご契約するというケースが増えています。


売却の相談や査定は、費用が必要ですか?

 
A.売却の相談や査定は無料です。
秘密厳守で査定させて頂きます。近隣相場や、売却事例を交えてご説明させて頂きますので売り主様のご納得の上で、売出価格を決定させて頂きます。


売却の際に必要なものは?

 
A.売却されるのがご本人の場合、
身分証明書(運転免許証等)、印鑑証明書、登記済権利書(または識別情報)、
実印、住民票(現住所と登記上の住所が異なる場合)が必要になります。
場合によっては、他の書類が必要となります。


売却に必要な費用はどのようなものがありますか?

 
A.必要になる費用は、
不動産業者への売買仲介手数料・契約印紙代・抵当権が設定されている場合や他に抹消しなければならない登記が設定されている場合の抹消登記費用や金融機関への支払いが必要になります。


FAX:0957-53-7025
営業時間:10時〜18時 土日・祝日も営業
お問い合わせ
メールでのお問い合わせは24時間受付中!